国づくり人づくり国民運動に際して、多くの著名な先生方にご賛同頂き、この場を借りて厚く御礼申し上げます。私は理事長である木原秀成先生にご縁を頂いて早20年になります。当時から先生は、貧富の二極化、大企業の倒産から人間を蝕んでいく細菌に至るまで、現代に起こりうるであろう問題の数々をすでに預言されておられました。

崩壊しつつある国、壊れかけている人、何故こうなってしまったのか・・・・。

現代社会の山積みになった問題の数々をまねいた根源を紐とき、わたしたちの偉大なる祖先が残してくれた財産とは何か・・・・。日本人が失ってしまった、日本の文明・文化・精神土壌、この財産を今一度、なんとしても取り戻さなければならないと、コスミカリズム(宇宙本位)つまり自然の摂理という視座から、書き下ろされた書が『檄』という著書です。


国づくりはまず人づくりから
国づくりのためには、まず人づくりから、そのための人としての生き方を、コスミカリズムにもとづいたIQ(知性)EQ(感性)SQ(霊性)の三位一体で、完成させていくことのできる活学こそが〝運命創造学〟です。

木原秀成先生は、この視点から人づくりをしなければ、真の国づくりは出来ないと、この20年間、国づくり人づくりのベースを培ってこられました。それはまた私たちの祖先が財産のごとく残してくれた、祀・祭・政一致の日本の文明・文化そのものだったのです。

そして、国づくりに賛同いただく方々に、理屈理論の世界を超えて、目に見える世界と目に見えない世界のつながりを感知していただき、大宇宙のリズム、コスミカリズムの視座を根幹に、専門分野の智慧を結集させることが大切ではないかと思うのです。  

コスミカリズムの視座には、健康づくりの根幹、教育の根幹、商道の根幹、家族の根幹・・・様々な根幹、根っこがここにあり、人が見事に蘇る、家族円満を取りもどす、病を克服する、会社が繁栄する、こどもたちが生き生きと蘇る。  

私は、これまでに木原秀成先生のもとで学んでいる多くの方々が、この生き方を身につけることによって、理屈なく変化した数々の現実を、目の当たりにしてまいりました。


コスミカリズムから構想実現は始まる
木原秀成先生は、宗教家でもあられますが、宗教を説かれる訳ではなく、またご自身の繁栄のために、この教えを確立された訳でもありませんでした。命をも投げ出さんばかりに、奔走してこられた20年・・・
私達一人ひとりの霊性を向上させ、その目覚めた人達で持続可能社会を創らねばならないと、今と変わらず力説をされ、危機に瀕したこの国を想う一念で、ここまでこられたのです。  

私自身も、一環としてぶれない木原秀成先生のご指導のもと、いつしか手段であったはずの学びが、目的そのものに変っていきました。ひとりでも多くの方々に、この、コスミカリズムの生き方を身につけていただきたい・・・そんな想いで、現在100万人の結集をめざして、奔走しております。
いつの時代も、天を味方にしなければ大事は成しえておりません。  

今年は、まず、諸先生をはじめ、多くの賛同者の方に、このコスミカリズムを知っていただきたい・・・
知識ではなく境地を体感していただきたい、この学び(運命創造学)にふれて頂きたいと切に願っております。このコスミカリズムの視座、根幹が根づくことからが、国づくり人づくりのための〝9つの立国構想〟を形に出来るスタートだと思います。そして、その道程は決して楽なものではなく、賛同者の方々と一歩一歩堅実な歩みを積み重ねることこそが大事であると思っております。