5つの主旨身体と心と魂を養おう!ポスターミニ冊子信じられますか?こんなことっていただきます度チェック全国の応援団体験談活動報告
 
いただきます ごちそうさま運動 5つの主旨
①物質的に豊かになった現代社会の中で失われつつある、精神的な豊かさを取り戻す。
②生き物は、すべて宇宙の営みから生み出された「いのち」であり、いのちをいただき生かされていることを学ぶ。
③いのちの大切さ、他者を思いやる心、お陰様の心などを取り戻す。
④いのちをいただきながら、お互いを生かし合っているという、社会の仕組みを学ぶ。
⑤この事を、教育で、経営で、地域社会で役立たせていく。

第1条 いのちに感謝して食べよう
地球上にある食べ物(いのち)は、すべて宇宙が創ってくれたんだ。そして、君のために、いのちを捧げてくれている動物や植物に感謝して食べよう。
いのちの大切さを養う
食べ物は自分と同じ命あるものからいただく感謝を学ぶ
第2条 食べ物を作る人に感謝しよう
牛や豚を飼育している人や、野菜を作っている人、魚を捕っている人、運ぶ人、調理する人。他にも色々な人のお陰で食事を食べられるんだ。
お陰様の心を養う
直接・間接関わらず多くの人のお陰で生きている事を学ぶ
第3条 家族みんなに感謝しよう
お父さんとお母さんがいたから、いま君は生きている。そしてご飯を食べられるのも働いて食事を準備してくれる人がいるからこそなんだ。
家族の絆を養う
沢山の命が継承され自分がいること、家族の大切さを学ぶ
第4条 みんなと楽しく食べよう
食事をするときは、学校であった出来事やお友達のことや、いろんなことを家族のみんなとお話しながら、楽しく食べよう。
分かち合う心を養う
コミュニケーションを養います
第5条 よく咬んで味わって食べよう
お米の味、お肉の味、野菜の味、くだものの味。おかずもたくさんの味がミックスされているね。よく咬んで味わって食べてごらん。きっとワクワクしてくるよ。
五感を養う
5感から感性を磨く。また、咀嚼は健康を作ります
第6条 好き嫌いをせずに食べよう
食べ物はすべて人間に必要で大切なものなんだ。栄養のバランスだけじゃなくて、こころのバランスもつくるんだ。だから好き嫌いせずにバランスよく食べよう。
健康を作る心を養う
食べる力は生きる力です。健全な身体・心・魂を作ります
第7条 食べる力は生きる力です。健全な身体・心・魂を作ります
一粒のお米を作るためには半年間、毎日お世話してくださる農家の人がいるんだ。肉も魚も野菜も同じなんだ。いのちを粗末にしてはいけないんだよ。
もったいないの心を養う
沢山の食べ物(命)とそれに関わる人。その想いをいただく心
第8条 食事のマナーを勉強しよう
食事をする時は、みんなが気持ちよく楽しく食事をするための、マナーがあるんだ。マナーを守れる人が「大人」なんだ。
社会心を養う
しつけの一環として、周りへの気配りを学びます
第9条 お箸を上手に使おう
世界にはお箸を使う国もあるけど、日本は世界の人達に自慢できる日本独自の文化をもっているんだ。お箸を上手に使える君は国際人さ!
日本の文化礼節を学ぶ
日本独自の箸の文化は作法であり世界に誇れる文化です
第10条 食事ができる事に感謝しよう
世界中には、今この瞬間も、ご飯が何日も食べられなくて死んでいるお友達がたくさんいるんだ。ご飯が食べられる国に住んでいる君たちは、本当にしあわせなんだ。
共生の心を養う
人の痛みを分かち合う。思いやりを育みます

学校、会社の食堂、魚屋、飲食店、歯科医院、等々
いただきます ごちそうさま運動の輪が広がっています