講師一覧(環境づくり)

(五十音順)

青山 勳  

青山 勳
あおやま いさお

 

岡山大学研究推進本部
副本部長

 

専門分野

環境科学・生態毒性学

 

1942年生まれ 岡山市在住
京都大学大学院工学研究科博士課程修了
2008年 岡山大学資源生物科学研究所定年退職
岡山大学副学長、岡山県環境審議会会長等を歴任した。
岡山市環境保全審査会会長
倉敷市環境保全審議会会長 他


トップへ

稲森 悠平  

稲森 悠平
いなもり ゆうへい

 

福島大学 共生システム理工学類 環境システムマネジメント専攻教授

 

専門分野

土木環境システム
都市工学・衛生工学
バイオマスリサイクル

 

汚染の原因となる点源対策にはバイオエンジニアリングを、面源対策にはエコエンジニアリングを、というように、地域ごとに適正な対策を配置し流域全体の水環境の再生を図る、国際的に新しく構築されたシステム技術です。 




トップへ

井上 忠雄  

井上 忠雄
いのうえ ただお

 

NPO法人NBCR対策推進機構理事長、防衛化学会会長

 

専門分野

危機管理・爆発物・化学テロ

 

1935(昭和10)年 高知県生まれ。防衛大卒。同34年、陸上自衛隊入隊。同41年、大阪大大学院博士課程修了。工学博士。シカゴ大客員教授、ジュネーブ軍縮会議日本代表団員等を歴任。82年 防衛研究所教授、90年 陸上自衛隊化学学校長(陸将補)に。91年(平成3年)退官。
以後、大量破壊兵器問題、テロ対策等、現代危機管理の第一人者として、国際会議や講演・講師等で活躍中。


トップへ

大西 信弥  

大西 信弥
おおにし しんや

 

志信会会長
㈱ダイシン代表取締役

 

専門分野

政治・文化・教育・環境

 

1959年生まれ。伊丹高校卒業後、家業(環境事業)に就く。2年余の間、欧州各国・米国に学ぶ。
1995年阪神大震災罹災の経験から危機管理・対応の必要性を痛感。小池百合子代議士講演会青年部を設立。初代部長に就任。小池氏の自民党入党を機に「志信会」を設立。初代会長に就任する。
現在は、家業を継いで株式会社ダイシンの代表取締役も兼任


トップへ

木原 秀成  

木原 秀成
きはら しゅうせい

 

一般財団法人
国づくり人づくり財団
理事長
CMF創始者

 

専門分野

政治・経済・教育・文化・経営・ビジネス・研修・マネジメント・生活・家庭・健康

 

1982年頃より日本国存亡の危機を予測し、1992年に日本文明・文化の礎であるムスヒを根幹として、宇宙本位(コスミカリズム)にもとづく共尊・共生・共育の祀祭政一致の精神のもと、日本人をしあわせにする9つの事業構想を提唱。2000年に国づくり人づくり運動を決起し、2005年より本格的に運動を開始する。同じ志のある政治家・経営者・学者・医者・教育者・ビジネスマン・主婦と、幅広い賛同者が全国に増えつつある。



トップへ

汐見 修一  

汐見 修一
しおみ しゅういち

 

㈱SKY ・ ライフ代表取締役

 

専門分野

環境関連、乳酸菌 ・ 微生物による環境改善

 

1979年 好気性有用微生物(菌)の利用価値を発見し、利用方法を開発
1995年 NSF微生物研究所を設立
2000年 大阪府立大学および大阪府農林部と共同研究を始める
2002年 千葉県の加納養豚場にてラクト乳酸菌の応用技術採用により大規模な養豚経営を行い、最上級の肉質を誇り、環境改善を行っている


トップへ

原 優治  

原 優治
はら ゆうじ

 

日本危機管理学会監事・21世紀経営創造コンファレンス代表世話人議長

 

専門分野

経営学総論・経営管理論・戦略組織論・公的経営学

 

マネジメントソフトテクノロジー研究機構代表パートナー、明星大学経済学部講師(非常勤)や、長年の経営コンサルタントの経験をもとに独自の戦略理論を展開し、その研究の場として毎月一回各界の識者・実務家を招いた「21世紀経営創造コンファレンス」を主催している。



トップへ

平野 貞夫  

平野 貞夫
ひらの さだお

 

元参議院議員
土佐南学会代表

 

専門分野

政治 ・ 経済

 

園田直副議長秘書、前尾繁三郎議長秘書などを経て92年、参議院議員当選。参議院議員時代は一貫して小沢一郎と行動を共にし、「小沢の知恵袋」と称される。自由民主党、新生党、新進党、自由党などを経て2003年民主党に合流。議会運営と立法過程に精通する政治家として評価される。04年、政界引退。ジョン万次郎研究者としても知られる。


トップへ

松井 三郎  

松井 三郎
まつい さぶろう

 

京都大学名誉教授
水制度改革国民会議理事長

 

専門分野

地球環境問題・環境工学
水環境・有害化学物質

 

京都大学大学院からアメリカのテキサス大学オースチン校大学院に留学。工学博士の学位を取得。帰国後は茨城県の土木技師、金沢大学工学部助教授を経て1987年から京都大学教授、2002年より地球環境学大学院教授。国連地球環境機関(GEF)の顧問として、地球環境問題対策に係わった。


トップへ

松村 一夫  

松村 一夫
まつむら かずお

 

ニチリン販売㈱取締役社長

 

専門分野

環境(エコ) ・ 健康 ・
天然ミネラル

 

繊維メーカーから繊維商社を経て、天然ミネラルの強力パワーと出会い、その魅力に惚れ込んで商品開発に取り組み現在に至る


空気触媒と言う新しい概念のもと、天然素材の原料で開発した「セルフィール」は、有害物質を分解し、消臭 ・ 抗菌 ・ 防汚 ・ 防カビに優れた効果を発揮
ニチリンケミカル㈱商品企画室客員上席研究員


トップへ

宮代 知直  

宮代 知直
みやしろ ともなお

 

学術博士
Mグループ 会長
中央大学研究開発機構 教授

 

専門分野

環境問題・産業廃棄物

 

神奈川県平塚市出身。
宮代会館相談役・株式会社エム・コンサルティング代表取締役・有限会社エム・大沼高原ファーム会長 ・新函館ゴルフクラブ株式会社取締役就任株式会社エム・宮代会館取締役・G−8INTERNATIONAL TRADING株式会社取締役を歴任。
平成24年 国立筑波大学大学院博士後期課程 生命環境科学研究科 生命産業科学専攻 博士号(学術)修得 Ph.D


トップへ